So-net無料ブログ作成

宇宙戦艦ヤマト [技術革新]

1974年に放映された空想科学アニメで、「放射能に犯された地球を救う為に、放射能除去装置「コスモクリーナー」を求めて宇宙に飛び立つ物語ですね。
当時は空想科学小説の一つとして見ていましたが、今回の原発事故を見るにつけ、「放射能除去装置」を捜し求める「旅」が現実のように思えてきました。
化石燃料から出る公害の元は中和する技術があり、二酸化炭素の増加もそれを吸収させる技術が確立されつつあるなかで、世界中の原発から出る放射性廃棄物は「中和」されることなく、何十万年も只、地中深く埋められるだけ。その間に近くの変動等が置き、地中深く埋められていた廃棄物は地上に出てくることもある。
ヒマラヤは8000メートルも隆起しているのに、わずか1000メートルに満たない地中に埋めたもので安心出きる訳が無い。
放射性物質を安全に管理、又は無害にする技術が確立するまで原発は作るべきではないと思う。
せめて日本だけでも廃止して、世界中からひとつでも多くの原発を廃止しなければ、宇宙戦艦ヤマトの物語が空想科学漫画ではなく、現実の物語になってしまうかもしれない・・・。
nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:ニュース

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:[必須]
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0

メッセージを送る

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。