So-net無料ブログ作成

カタカナ外来語 京都議定書 Kyoto Protocol [その他]

カタカナで表記された外来語、なるべく使わないように・・なんて言ってますが相変わらず多いですね。
最近出が多いのが「コンプライアンス」。
Windows初期の頃の取説はカタカナ外来語表記のオンパレード(これもカタカナだぁ^^)で、何を言ってるのかさっぱり分かりませんでした。
例1:プロシージャーが違います。プロシージャー(procedure)ってなに??。カタカナで表記せずに英語そのまま表記してもらったほうが探しやすかった。
例2:プロトコルが違います。通信関係で良く出ましたが、これはなんとか辞書で探せました。
こんな状態でしたから取説はあまり意味が無かった^^。
ところで温室化ガスの取り決めの京都議定書は「Kyoto Protocol」と言うんですねぇーー。

ニュースを見ていたらこの単語が出てきてなんとなく懐かしくなった次第。つまらん話題でした・・ごめんなさい^^
nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:学問

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:[必須]
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

トラックバック 0

メッセージを送る

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。